光回線のプロバイダとは?疑問にお答えします

光回線のプロバイダとは?

プロバイダとは、回線とインターネットつなげる事業者のことを指し、正確には「インターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)」と言います。

英語の頭文字を取って「ISP」や「プロバイダ」と略して呼ばれます。

「プロバイダ=インターネット接続業者」

一般のインターネット利用者はプロバイダと契約することで、インターネットの手続きを代行してもらうことになり、プロバイダと契約しなければ、光回線などのインターネットを利用することはできません。

少し前までは光回線でも、回線とは別に契約を行い、プロバイダ料金(月額)を支払っていましたが、現在は光回線業者とセット契約となっているため、費用が掛かっていますが、契約をしているか分からない場合が多いです。

「つまり、光回線はプロバイダと光回線事業者とのセット契約が多い」

ということが言えます。

そのため、現在は光回線を利用する場合には、プロバイダを考慮する方は少ないと言えるでしょう。

しかし、プロバイダの選択によっては光回線の速度に違いが出る場合があり、注意が必要とも言えます。

たからこそ、

  • 光回線とプロバイダセットの場合は光回線業者をしっかり選ぶこと
  • 光回線とセット契約でプロバイダ選択式の場合は、速いプロバイダを選択すること
  • プロバイダが別契約の場合は速いプロバイダと契約すること

以上が重要になります。

こちらの「光回線を比較!本当はどこがいい?おすすめはコレ」で比較している内容を確認し、光回線を選択した場合は、回線の速度が速い光回線業者を選ぶことが可能なので、確認してください。

1.プロバイダと光回線で良くある質問

プロバイダで良くある質問と解説をまとめています。

(1)回線業者(光回線)とは何が違うの?

光回線などを光ケーブルを提供している会社を「回線業者」と呼びます。

例えば、

  • NTTフレッツ光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • ソフトバンク光
  • NURO光

などが回線業者となります。

(2)有名なプロバイダってどんな会社

名前を聞いたことがあるプロバイダが少しでもあるでしょうか。

NTT系列●OCN(NTTコミュニケーションズ)
●ぷらら など
電力会社系●eo(ケイ・オプティコム)
●MEGA EGG など
電気メーカー系●ビックローブ
●@nifty
●So-net(ソニー) など
その他●Yahoo! BB(ソフトバンクBB) など

Yahoo! BBやソニーグループが運営している「So-net」、NTT系列の「OCN」などは名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

これらすべての会社が回線とインターネットつなげるプロバイダ事業者になります。

(3)光回線とプロバイダが複雑になった背景

光回線を調べている方であれば、少し分からなくなった方もいるのではないでしょうか。

例えば、「@nifty光」「ビックローブ光」「OCN光」「So-net光」などが光回線事業者としてサービスを提供しているからです。

これは、NTTフレッツ光(東日本・西日本)が提供している光コラボレーション(光コラボ)に関係しています。

光コラボレーション(光コラボ)とは

光コラボレーション(光コラボ)とは

NTT東日本・西日本フレッツ光が提供する事業者向けの「光回線の卸売サービス(サービス卸)」の名称です。利用する事業者は、NTT東日本・西日本フレッツ光回線の品質や速度をそのまま利用し、自社のサービスを追加しながら、光回線を販売することを目的としているサービスです。(光コラボとも呼ばれます)

どんな会社が光コラボした?

つまり光コラボで、携帯電話会社(ドコモ、ソフトバンクなど)、プロバイダ事業者(「@nifty光」「ビックローブ光」「OCN光」「So-net光」など)が光回線事業者として参入しました。

NTTフレッツ光が提供している光コラボレーション(光)によって、プロバイダ事業者のビックローブなどは、プロバイダ事業者であり、回線事業者となっているのでややこしいですね。

(4)光回線はプロバイダ不要なのか?

冒頭でも説明したように、光回線にはインターネットを接続するためのプロバイダ契約は必要です。

しかし、多くの光回線業者は、回線とプロバイダをセット契約としているため、利用者には「プロバイダ」が分かりにくくなっています。

(5)プロバイダを介さない、 光回線はある?

プロバイダを介さない、 光回線はありません。

インターネットを接続するためにはプロバイダが必ず必要です。

例えば、モバイルWi-Fiなどもプロバイダとインターネット回線が必ず必要になります。利用者にはプロバイダが見えなくなっているだけですね。

 

2.光回線でプロバイダを選ぶ必要があるの?

光回線の契約でプロバイダを選ぶ必要はほとんどありません

なぜなら、プロバイダのほとんどが光回線とセット契約となっているからです。

「つまり、光回線のプロバイダ選びは光回線業者選びとなります。」

しかし、一部の光回線業者ではプロバイダを選択式出来る場合があります。

(1)プロバイダ契約が別、または選択できる光回線

フレッツ光(東日本・西日本)●プロバイダを選べる
●プロバイダ契約と別
ドコモ光●プロバイダを選べる
●プロバイダ契約と光回線がセット
auひかり●プロバイダを選べる
●プロバイダ契約と光回線がセット

「ドコモ光」と「auひかり」はプロバイダが選べるだけで、基本的には光回線とセット契約となります。そのため、月額料金は光回線の利用料だけを見ていれば良いわけです。

一方、フレッツ光プロバイダに500円~/月(各社違う)費用がかかり、別の契約も必要になります。

(2)光回線やプロバイダ契約後に変更は可能?

光回線と、プロバイダ契約(選択)後に、プロバイダを変更することは可能です。

しかし、以下の場合には違約金が発生する場合があるので注意が必要になります。

  • プロバイダに契約期間の縛りがある場合(違約金3,000円~5,000円)
  • プロバイダとセットの光回線を変更する場合(乗り換えになる)

などが、注意点となります。

特に、プロバイダとセットの光回線を変更する場合は注意が必要です。

【注意】プロバイダとセットの光回線を変更する場合

例えば、ドコモ光のプロバイダに「GMOとくとくBB」というプロバイダがあります。

そのプロバイダはドコモ光の正規代理店となっており、「GMOとくとくBB」の公式ページからドコモ光を申し込む場合、公式サイトと合わせて様々な特典やキャッシュバックを受けることが出来ます。

そのため、公式サイトのドコモ光ではプロバイダが選択できますが、正規代理店の「GMOとくとくBB」の場合、プロバイダを選んだ状態でのセット契約となります。

この場合、プロバイダを変更しようと思う場合には、「GMOとくとくBB」を含むドコモ光を解約する必要があります。ドコモ光そのものを解約する場合は問題ありませんが、利用し続けたい場合は、改めてドコモ光と契約を行う必要があります。

ドコモ光と再契約した場合、「解約新規」の扱いとなり、キャンペーンなどが適用外になるため損になります。

 

(3)選択する光回線のプロバイダに違いがあるのか

選択するプロバイダによっては、光回線速度が遅くなる可能性があります。理由としては、インターネットの混雑による影響です。

近年、光回線は利用するエリアや時間帯によっては利用者が多く混雑する可能性があり、「回線速度が速い」といわれる光回線でも遅くなる場合があります。

そのインターネットの混雑を解消するために、プロバイダは接続方式を「Ipv6(v6プラス)」に変更しています。

v6プラスとPPPoE方式の違い

しかし、すぐに「Ipv6(v6プラス)」の接続方式に変更することはできないため、従来の「IPv4(PPPoE)」方式を採用している場合があります。

『つまり、回線速度を考えたときに「Ipv6(v6プラス)」対応のプロバイダを選ぶ』

ことが重要といえます。

光回線とセット契約の場合は、「Ipv6(v6プラス)」対応としっかりと記載しています。

 

まとめ

光回線のプロバイダを考える上では、光回線とセット契約となる場合が多く、プロバイダよりは光回線業者を気にした方が良いと言えるでしょう。

また、プロバイダ契約が別のフレッツ光を選ぶより、他の回線を選ぶ方が金銭的にお得になるケースも多く、是非、比較してみてください。

お勧めの光回線

お勧めの光回線


NURO光NURO光・公式キャンペーン

本ページからNURL光をお申込みの場合...45,000円キャッシュバックもらえる!!(NURO光ご利用開始月から2ヶ月後)
回線業者
NURO光
スマホ割
ソフトバンク携帯
回線速度
上り概ね最大1Gbps・下り概ね最大2Gbps
契約期間
2年契約(NURO光 G2Vプラン)
事務手数料
3,000円
戸建て月額
月々4,743円(税抜) 工事費:実質無料
マンション月額
月々4,743円(税抜) 工事費:実質無料
独自キャンペーン
  1. 45,000円キャッシュバック
  2. 基本工事費40,000円実質無料
  3. リモート訪問サポート1回無料
  4. おうち光割セット
  5. ホームゲートウェイ(ONU)に最大速度1.3Gbpsの高速無線LANが標準装備
  6. セキュリティソフト「カスペルスキー セキュリティ」が無料標準装備
ポイント
NURO光「公式サイト」のキャンペーンです。公式なので安心して利用することができ、さらにキャッシュバックが高く正規代理店などから申し込みたくない方に最適です。NURO光はマンションでも、戸建てでも料金は同じとなります。

 

ドコモ光@nifty with ドコモ光

本ページからのお申込みで特典どどーん!とプレゼント。ドコモスマホとセットでお得!
回線業者
ドコモ光
スマホ割
ドコモ携帯
回線速度
上り・下り概ね最大1Gbps IPv6(V6プラス) IPoE対応
契約期間
2年定期契約
事務手数料
3,000円
戸建て月額
月々5,200円(税抜き) 工事費:新規無料
マンション月額
月々4,000円(税抜き) 工事費:新規無料
独自キャンペーン
  1. 20,000円のキャッシュバック
  2. dポイント最大5,000ptプレゼント
  3. Wi-Fiルーター無料(Ipv6)
ポイント
携帯がドコモユーザーの方、トータル的に費用を抑えたい方におすすめの光回線です。プロバイダーとしてもnifty(ニフティ)は有名であり、ドコモ光の回線を安心して利用することが出来ます。

 

auひかりauひかり1ギガプラン・GMOとくとくBB

おトクなauひかりはGMOとくとくBBで工事費無料!最大61,000円&30,000円キャッシュバック
回線業者
auひかり
スマホ割
au携帯
回線速度
上り・下り概ね最大1Gbps
契約期間
3年契約プラン
事務手数料
3,000円
戸建て月額
月々5,100円(税抜き) 工事費:実質無料
マンション月額
月々4,300円(税抜き) 工事費:実質無料
独自キャンペーン
  1. 51,000円~61,000円キャッシュバック※
  2. 10,000円~20,000円キャッシュバック※
  3. 高性能Wi-Fiルーターをプレゼント

※どちらか選択

ポイント
「GMOとくとくBB auひかりプロモーション」では公式特典がほぼすべて利用できること、キャッシュバックの金額が高いことがおすすめする理由です。また、別ページにある5ギガプランは、1ギガプランと同じ月額料金で利用できるため、回線速度の速さを求める方には最適です。

 

ビッグローブ光ビッグローブ光・2年プランNNコミュニケーションズ

IPv6オプションで高速インターネット!<当社限定>選べる特典キャンペーン!お申込みと同時にキャッシュバック手続き完了。
回線業者
ビッグローブ光
スマホ割
au携帯
回線速度
上り・下り概ね最大1Gbps IPv6(V6プラス) IPoE対応
契約期間
2年プラン
事務手数料
1,000円
戸建て月額
月々5,180円(税抜き) 工事費:実質3,000円
マンション月額
月々4,080円(税抜き) 工事費:実質3,000円
独自キャンペーン
  1. 特典A:26,000円~35,000円のキャッシュバック※
  2. 特典B:18,000円~27,000円のキャッシュバック+Wi-Fiルーター(IPv6プラス対応)
ポイント
キャッシュバックが公式より多い点や、auスマートバリュー利用していなくても、月額費用が安くなるためお得に契約することが可能です。